About us

Company's History

​日研は々前向きな姿勢で究心・創造力を持ち独創的・柔剛的なアイデアと技術により

地域​・社会・人類の幸せで健康的な生活に貢献できる物創りに努めます。

​経営理念

2.png
1.png
1.png
株式会社 日研工業所.png
1.png
2.png
3.png

​〜 会社概要 〜

​商号 :株式会社 日研工業所(旧社名 真田塗装工業所)

所在地 :〒544-0006 大阪市生野区中川東2丁目3番20号

​役員 代表取締役 真田 直彦 

   副社長取締役 鈴木 加奈子 

   常務取締役 松本 成大 

   常務取締役 真田 拓哉 

   常務取締役 真田 昌彦

​従業員数  50名 

事業内容  ハイクラスの焼付塗装

​特殊コーティング・パット印刷・シルクスクリーン印刷

​鉄・銅・アルミ・ステン・チタン・真鍮・マグネシウム・

亜鉛ダイカスト・アルミダイカスト・ラバーキャスト

​ABS・PC・PP・アクリル・ナイロン・ポリアセタール・フェライト etc

​資本金 ¥10,000,000ー

​取引銀行  三井住友銀行(今里支店) 

      みずほ銀行(今里支店) 

      商工中金(東大阪支店) 

      大阪シティー信用金庫(生野中支店)

​〜 沿革 〜

​昭和25年4月   真田塗装工業所を創設。 

昭和43年4月   日研工業所に改名。

昭和51年     第二工場を開設。 

昭和55年9月   株式会社 日研工業所として法人改組。 

昭和60年8月   自動塗装ライン導入。

          日本スピンドル製(クラス10万 クリーンルーム導入)

          日本スピンドル製(クラス1万 クリーンルーム導入) 

平成2年      前処理自動ライン増設。

平成4年      自動塗装ライン増設。自動整列機増設。 

平成5年      塗装ロボット導入。

平成6年      自動整列機増設。 

平成14年     P・C事業部及び新社屋(道場及びトレーニングジム)完成。 

平成24年     アッセンブリー事業開始。 

平成25年     CO2(炭酸ガス)レーザー加工機 60W ワークサイズ900×600導入 

          バイオコート(G)開発 三価クロム化成処理設備導入。

平成28年 10月   クリーンルーム型自動整列機及び自動塗装機1号ライン導入

平成30年     真田 直彦 代表取締役就任のもと新体制でスタート。

平成31年   1月   クリーンルーム型自動整列機及び自動塗装機2号ライン稼働

​令和2年      東京営業所を開設

​〜 本社・事業所 〜

​本社/第一工場/研究開発棟 

〒544-0006 

大阪府大阪市生野区中川東2丁目3番20号 

TEL (06)6754ー3883(代表) 

FAX (06)6752ー5772

​PC事業部

​〒544-0006 

大阪府大阪市生野区中川東2丁目3番23号 

TEL (06)6754-3883 

FAX (06)6752-5772

​〜 東京営業所 〜

​〒144-0033 

東京都大田区東糀谷2丁目7番16号 

TEL (03)6423-8358 

FAX (03)6423-8394

​設備機器

​全自動洗浄・化成処理ライン(アメリカラインメタル社提携) 1台

J・F社製 自動洗浄機 1台

自動整列機 5台

日本スピンドル社製 10万クラスクリーンルーム 1台

          1万クラスクリーンルーム 1台

21世紀環境対応 スーパークリーンルーム 1台

大気社製ノーポンプブース 7台

21世紀環境対応型無排水ポンプ式ブース 3台

ブーススラッジ回収装置 1台 

Wロータリー自動塗装機 1台 

ブリジストン・タクボ・ソフトボーイ(2ステーション塗装ロボット) 1台 

タクボ・ソフトボーイPRO,4(2ステーションスピンドル塗装ロボット) 1台 

90Mトロリー焼付け乾燥炉 1台 

遠赤外線乾燥コンベアー 1台 

遠赤外線熱風併用乾燥コンベアー 1台 

電気熱風乾燥炉 3台 

排熱回収型焼付乾燥炉(大気汚染防止型) 4台 

シルクスクリーン・パッド印刷機 2台 

CO2(炭酸ガス)レーザー加工機 60W ワークサイズ900×600 1台 

三価クロム化成処理及びリン酸鉄・リン酸亜鉛代替前処理設備 1台

会社紹介

I hope long-term business relationship in the future